抜け毛の種類と隠された病気とは?

発毛のサイクルによって抜け毛はありますが、
抜け毛と季節にも関係があるようです。

isya002 抜け毛の種類と隠された病気とは?

抜け毛の季節変動説は諸説あり、また、個人差なども
あるので、一概に言えませんが、
初夏から秋にかけて抜け毛が増える人が多いようです。

 

汗をかきやすく、蒸れやすい環境が抜け毛を誘発して
いる可能性もあるので、頭皮の発毛環境を出来るだけ
整えて上げる必要があります。

Sponsord Link

脱毛症の種類

抜け毛が多い(脱毛症)といっても、さまざまな脱毛症があります。

 

○AGA・・・遺伝やDHTなどが原因で、思春期以降に額の
      生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、
      または双方から薄くなり、進行します

○FAGA・・・女性のAGA

○円形脱毛症・・・突然円形や卵型に髪の毛が抜けます。
         自己免疫機能と関係が深く、
         ストレスは引き金にすぎません。

○脂漏(しろう)性脱毛症・・・フケが増え、毛穴がつまって、
              毛根部の活動が悪くなり、抜け毛が増えます。

○機械性脱毛症・・・髪の毛を長年にわたり引っ張っていると、
          毛包が萎縮し抜け毛になります。

○抜毛症 ・・・情緒障害、ストレスなどで自分の髪の毛を
        抜いてしまう病気です。

○薬剤による脱毛・・・抗癌剤などの薬剤によって脱毛の
           原因となることがあります。

 

などの脱毛症があげられますが、これ以外にも
病気が原因での抜け毛もあります。

・肝硬変
・肝臓病
・貧血
・糖尿病
・甲状腺機能低下症
・原因不明の脱毛症

などが考えられます。
初期段階では自覚症状がない病気もあるので、
急激な脱毛を察知した時は受診をすることを
オススメします。





Demainスカルプ   産後抜け毛

コメントを残す