ピルの副作用で血栓の注意を呼びかていますが、抜け毛の心配もあります

piru 250x216 ピルの副作用で血栓の注意を呼びかていますが、抜け毛の心配もあります

低用量ピルの解禁から10年以上経ち、
以前の中用量ピルに比べを服用する方も多くなりました。

 

女性にはエストロゲンとプロゲステロンという
2種類の女性ホルモンがあり、プロゲステロンには
妊娠を継続させる作用があります。

Sponsord Link

俗言うダイエットピルとは造語で、医師の処方で出される
ダイエット薬のことです。
本来の避妊や生理改善に用いられるピルとは全く異なります。

 

ピルは、女性ホルモンであるプロゲステロンが
含まれており、妊娠した状態にして排卵を抑制
する事を目的としています。

 

ピルの副効用と副作用

低用量ピルは避妊目的として認可され、
生理の周期変更や月経困難症の治療ために
超低用量ピルが認可されています。

 

副効用としては個人差が大きいので誰にでも現れる
ものではないのですが、生理周期の安定、生理痛の軽減、
経血量の減少などの副効用があるようです。

 

また、ムダ毛がなくなる副効用もあるようです。

 

一方、副作用では個人差があるものの、体重の微増、
偏頭痛、イライラ、性欲減退、むくみ、嘔吐、膣炎などが
あるようです。

 

ここでポイントですが、副効用でムダ毛がなくなるという
事ですが、稀に抜け毛が発生します。

 

もちろん、個人差があるので必ず脱毛するとはいえませんが、
可能性はあるという事です。

 

日本産科婦人科学会による
「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」平成17年12月版では
P5からOC(低用量経口避妊薬)のリスクが書かれており、
P9・P10の表5で脱毛が0.2%発生している事がわかります。
「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」はこちら

 

ピルは女性ホルモンの働き・作用をコントロールするものなので
体調を崩さないとはいえないということです。

 

ピルを使用される方は上記のリンク先を一度読むことを
オススメします。
副効用も副作用も理解した上で服用したほうが良いと思います。

 

ちなみに2008年~2013年上半期の間に血栓の重症例が延べ
361件・死亡が11件あり、2013年12月に
日本産科婦人科学会は緊急に注意を呼びかけています。

 

ピルを服用中止したい場合は注意が必要です。
女性ホルモンのバランスが突然崩れることからの
リスクをさけるため、必ず医師に相談してください。

 

ピルを服用しての抜け毛以外の副作用も怖いですね。





Demainスカルプ   産後抜け毛

コメントを残す